コーティングの流れ

コーティングの流れ

弊社は受入れから出荷までISO品質管理及び社内規定に準じて作業を進めております。
顧客に応じた品質検査も行っており、検査成績表等を添付して対応しております。
顧客からの要求があれば、出荷後のトレーサビリティにも対応しております。

流れ ワーク 一般部品
1
受入
素材の数量を確認し、素材にキズ・打痕がないか、検査を行います。コーティングに不都合な箇所があれば修正をお願いする場合がございます。
2
脱脂
素材の汚れや油分を溶剤で洗浄します。
3
下地処理
コーティング面をブラストし、錆や汚れ等を除去し、粗面化します。
4
プライマー塗装
必要に応じて、素材と塗膜の密着をよくするためプライマーを塗装します。
5
ワークセット・セッティング
素材を専用治具にセットして、塗装の準備をします。素材によってはマスキングを行います。
6
塗装
塗装機、又は手動により塗装します。静電気、又は特殊な塗装機により塗装します。これらの工程をご要望の機能膜厚に達するまで繰り返します。
7
乾燥
常温又は乾燥機にて加熱乾燥を行います。
8
焼成
バインダー樹脂に応じて熱硬化させます。
9
検査
コーティング完成後、傷や打痕などがないか検査にて判定します。
10
梱包
商品にキズがつかないように、専用箱や梱包材を入れて出荷します。
お問合せこちらまで
  • tel
  • fax
メールでのお問い合せはこちら