金属表面処理・コーティングコラム
  • 2020年10月02

    放電加工治具絶縁処理

    弊社の絶縁処理が新規のお客様にご採用されました。

    放電加工治具の一部分に絶縁性機能を持たせたいとの依頼がありました。

    お客様の問い合わせ内容といたしましては、塗膜に耐久性があり放電加工治具の二次放電を防ぐのが狙いのとの事でした。

    ポンチ図で記載してある緑の部分のみ絶縁処理を行いました、弊社の絶縁処理においてはマスキングができるため絶縁処理を 一部分のみに処理したいなどの要望にも応えられます。

    また、塗膜は下地処理などを行うことで耐久性もあり膜厚も打ち合わせの上決めることができます。

    お客様の使用状況などをお聞きした上で寸法公差の厳しい部品などにも対応できます。

    今回の部品の概要



     

    材質=SUS

    部品の大きさ50×160×10

    耐電圧110V程度

    膜厚=20μ~30μ

     

     

    株式会社サーフコート 公式ホームページはこちら
株式会社サーフコート 公式ホームページはこちら

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

お問合せこちらまで
  • tel
  • fax
メールでのお問い合せはこちら