ドライフィルムとは

固体潤滑剤配合の乾燥潤滑被膜

特徴
固体潤滑剤を樹脂に配合した塗料で、自己摩滅型のドライ被膜を形成
樹脂(バインダー)
摺動面に固体潤滑剤を定着。
(ポリアミドイミド樹脂・エポキシ樹脂・アクリル系樹脂他)
固体潤滑剤
二硫化モリブデン・PTFE・グラファイト 他
各種添加剤
潤滑効果以外の付加機能に応じて使用。
(防錆剤・フィラー他)
基溶剤
バインダーや加工方法、環境等に応じて使用。
(酢酸エチル・キシレン・MEK・NMP・DMF 等)
オイル潤滑との比較
耐熱・耐荷重性に優れるドライ被膜は、オイルでは防げない摩耗も防止

横スクロール →

タイプ 潤滑機構 冷却効果 耐荷重性 耐熱性 真空環境
オイル潤滑 摩擦面にオイルを媒介させ、摩擦面同士の接触割合を下げる(流体潤滑)
媒介 … 両者の仲立ちをする事
優れる 流体のため乏しい 200〜250℃が限界 オイルの蒸発が懸念される
ドライフィルム 摩擦面にせん断力の低い被膜を形成し、摩擦面自体のせん断力を下げる
せん断力 … 平向方向にすべらせるように作用する力
乏しい 固体潤滑剤の種類に より摩擦面素材の降伏 応力を超える耐荷重性を有する被膜も形成可能 配合成分により300〜500℃ぐらいまで潤滑性を維持 固体であるため蒸発もなく潤滑が可能
代表的な固体潤滑剤の特性 ※各数値は一般的な目安となる値で保証値ではありません

横スクロール →

名称 密度 摩擦係数 耐荷重性 耐熱性 説明
二硫化モリブテン(MoS2 ) 4.8g/㎤ 0.04 784MPa 350℃ 層状の結晶構造がせん断されることで低摩擦性を発揮する固体。特に高荷重下の摩擦/摩耗低減に効果があり、真空中でも優れた潤滑性を発揮。
グラファイト(C) 2.2g/㎤ 0.06 490MPa 550℃ 層状の結晶構造がせん断されることで低摩擦性を発揮する固体。導電性/熱伝導性に富み、特に高温下での潤滑性に優れる。
PTFE 2.2g/㎤ 0.04 196MPa 300℃ 低摩擦/非粘着性を有するフッ素化合物。
お問合せこちらまで
  • tel
  • fax
メールでのお問い合せはこちら